家庭教師の仕事

家庭教師とはどのような職業?

学業が苦手な子をサポートしつつ一対一で教えるのが家庭教師です。
多くは生徒の家に訪問し、60分から90分ほどつきっきりで教えます。
教師を雇う家庭の生徒は、多くの場合勉強する習慣のない勉強が苦手な子です。
優秀な子に教師をつけてさらに上の学校を目指すというケースは、財力がある家庭以外めったにありません。
優秀な子の多くの場合は塾や予備校に行きます。
学校にも塾の授業にもついていけなかった生徒が最終的に頼るのが家庭教師です。
勉強を苦手とする生徒と接する上で大切なことは、いったい何が成績の上がらない最も大きな原因かを見極めることにあります。
例えば数学において、計算問題はそこそこできるのに文章問題が解けない生徒は、基本的に国語の分野である読解力が不足しているので、この文章題の中で「何を問われているか」を明確にする方法を教えれば、生徒は自力で問題を解くことができます。
また、子どもには色々なタイプがあるので、その生徒に最も適した方法を考えることも大切です。
週1・2回の数十分程度のコミュニケーションでは中々見極めるのは難しいので、何気ない保護者との日常会話の中で、その生徒はどのような性格かを感じ取ることも必要です。

家庭教師をつける前に

子供を勉強させたい、けれど塾は遠いし送り迎えもできない、夜遅くなるのも心配、ということで、家庭教師を考える親御さんも多いかと思います。
メリットは、必ず一対一で教えてもらえるところや、自宅から出かける必要がないこと、子供の学力に合わせた方法をとってもらえることなどが挙げられると思います。
しかし、塾よりも費用が高いという点はデメリットかもしれません。
そこで、家庭教師をつける前に、知っておきたいのが、個人契約のものと、そうでないものがあるということです。
個人契約で家庭教師をつける場合は、完全になにもはさまない状態になりますので、費用は比較的安くすみます。
具体的には、一例ですが時給1000円から2000円が多いようです。
そうでないものは、間に業者をはさみ、そちらにいくらかバックしますので、個人契約よりは費用は高くなります。
また、教師が学生の場合、その学生の大学によって費用がかわるということもあるようです。
費用面では個人契約のほうがいいような気もしますが、個人契約は見つける手段が主にインターネットになりますので、安全面から言うとどうしても業者をはさんだほうが安全だと言えるでしょう。
また教師の教育も、そのほうがしっかりとなされています。
雇う際は、じっくりと考え、慎重に行うことをおすすめします。

おすすめ塾アルバイト情報

未経験者でも歓迎の塾多数!塾講師アルバイト・バイト求人が日本最大級で掲載されています。

塾のバイトを探す

COPYRIGHT(C) はなまるナビ ALL RIGHT RESERVED